So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブドア対フジテレビ ブログトップ

ライブドア・ショック [ライブドア対フジテレビ]

さて、ライブドアの粉飾決算が明らかになり逮捕者が出て起訴となれば上場廃止は決定的でしょう。そもそも、まだ監理ポスト入りしてないのも不思議な。
まあ、まだ疑惑の段階でしかないということですかね。

毎年、粉飾決算で上場廃止になる会社はありますが、ここまで市場を揺るがしたのはライブドアの知名度と株式を世間に広めた功績によるものなんですね。
立件するのは、むしろ日本経済にとってマイナスなのでは?とまで思ってしまいます(笑)
そして、ライブドア自体が上場廃止になれば倒産してしまうでしょう・・・。株式でもってた会社でしょうから。株主代表訴訟も起こされ賠償責任も発生しますし。

ライブドア・ショックは、このタイミングで強制捜査に踏み込んだ東京地検と株主を無視したマネックス証券にも罪はあるかなと思います。特に2日目、マネックス・ショックです。これにより東証の注文処理能力の限界に近付き後場の終わり頃には全銘柄取引停止。脆弱なシステムですね・・。海外で笑われてますよ(--;)東証にも市場混乱の原因ありですね。

ライブドアはずっと寄り付かずストップ安の毎日ですが、寄り付いたらマネーゲームの対象になりそうですね。
仮に万が一シロだったとすれば、上場廃止の懸念が弱まり爆上げするでしょう。
来週は、多くの銘柄がリバウンドしそうです。さすがに売られすぎです。
今週はカラ売り成功率100%でした^^


nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ライブドアの株主優待が来ました [ライブドア対フジテレビ]

今日、ライブドアから株主優待の案内が来ました。
権利確定日とかを気にしていなかったので、驚きました。
気になる優待の内容は・・・!

ライブドアポイント
・・・(゜Д゜)え?何?
初めて聞く単語だ・・・辞書で引いてみる・・・
当然、載ってない(^0^)
・・・で、結局、何?
内容を読んでみると、1ポイント1円でライブドアで買い物・・そう!ネットショッピングが出来るらしい。
ははあ・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・いらねー・・・(--;)
いや・・まあ・・嬉しいですけどね(^^;)
・・・・・・
株主総会のお知らせも来るのだろうか・・・。
NHKでも買収してくれ。


ライブドア 和解という名の敗北 [ライブドア対フジテレビ]

かなり久し振りのライブドアネタです。
SBIの出現で、ホリエモンの勢いが無くなっていましたからね。
結局、フジテレビと和解です。ライブドア側が持つニッポン放送株を買い取る事で協議しているようです。ライブドアが、ニッポン放送の株を取得した単価が約6,286円で手数料とライブドアの受ける利益を合わせると6,500円以上での売却になる模様。これに掛かるフジテレビの資金は1,000億円以上・・・。
結局、これで誰が得をしているのか・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(6) 
共通テーマ:ニュース

フジテレビの筆頭株主にソフトバンクグループ [ライブドア対フジテレビ]

うーん・・・ニッポン放送が保有するフジテレビ株をソフトバンクグループのソフトバンクインベストメント(社名が長い!SBI)に5年間貸すそうです・・・。ゆえに、フジテレビの筆頭株主は、SBIになり議決権もこの会社に生まれます。で、すでに大和證券SMBCに一部貸していたので、ニッポン放送の保有するフジテレビ株は、ゼロになりました・・・。これで、ライブドアがニッポン放送を通して議決権ベースのフジテレビ株保有は難しくなりました。

フジテレビは、何故そこまでホリエモンを嫌うのか、恐れるのか。ソフトバンクなら良いのか・・。第三者の介入は予想してたけど、ソフトバンクか。ライブドアと何が違うんだ?大手だからか、ちゃんとスーツを着てるからか、ライブドアと提携するぐらいなら他と組むという意地か。とにかく、気に入らないみたいですねえ。

しかも貸し株は、特に違法ではないですから、ライブドアの打つ手は無いかも・・_| ̄|O株主代表訴訟を起こしても棄却されるでしょう。ライブドアも資金調達の際にリーマンに貸し株してますし。まあ、ニッポン放送だけで満足していれば良いわけですが。
ライブドアが経営権を握ったら番組を降りるというタレントが何人かいましたが、はあ?って感じです。君等に何の迷惑が掛かるのか。結局、ニッポン放送社員にしても色々言ってますが、ただ単にホリエモンが嫌いなだけですね。だったら素直にそれだけ言えば良いのに。

全く、フジテレビが必死すぎて悲しくなってきます。その必死さを番組作りに活かしましょうよ。
ちなみに、ホリエモンがスーツを着ないのは、相手の印象に残るからだそうです。楽だというのもあるみたいですけど。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:ニュース

ライブドア 天王山を制す [ライブドア対フジテレビ]

ライブドアのニッポン放送による新株予約権発行の差し止め請求が、高裁でも当然、認められました。
これで取り敢えずは、ニッポン放送の経営権をホリエモンが手中に収めました。
ニッポン放送の亀淵社長が記者会見で、ライブドアの株取得のやり口はずるいと言ってましたが、フジサンケイグループの企業同士で株の持ち合いをしてたからこういうことになったわけで、何かが起こってからずるいだの企業価値がどうの社員の気持ちがどうのと言う方がずるい気がします。挙句の果てには自社価値以上の新株予約権発行。身の保身ばかり訴えるなら、企業買収自体が違法になってしまいます。ホリエモンが経営権を握ったからといってニッポン放送が滅茶苦茶になるとは思えませんよ。
街の声を聞いてても、ホリエモンを支持する人が増えてきたような気がします。若いからといって拒絶していては何も変わらないですから。株の話題が社会でこんなに取り上げられて皆が興味を持ったのは良いことだと思います。そういった意味でもホリエモンは、凄いと思います。確かに、株取引の問題点も出てきましたが、ホリエモンが言うように変えていけばいいと思います。これで社会も会社は株主のものだという意識が浸透すれば良いと思います。日本の学校では株のことはあまり教えてくれないですからね。

聞いたところによると、ここ数年でラジオの広告収入をネットの広告収入が越えたそうです。ラジオというメディアは大切なので、少しずつでも変わっていかなければいけないと思います。
落としどころは、業務提携なのかあくまで戦うのか第三者の介入があるのか・・・。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

フジテレビ 買収阻止に毒薬導入 [ライブドア対フジテレビ]

フジテレビが突然の買収を阻止するために3月30日から2年間に渡り500億円の新株を発行することを決めました。
これにより、ライブドアがTOB(公開買付)をしても既存株主の持ち株が増えることになるのでライブドア(買収者)の保有株比率は下がり買収がしにくくなります。
この防衛策は、ポイズンピル(毒薬)と呼ばれるそうで敵対買収に対して欧米などでは、よく使われるそうです。
しかしまあM&A(企業買収)の世界では、様々な用語があるものですね。しかも、どれもこれも戦争をイメージさせるものばかりで穏やかではないですね。実際、フジテレビにとっては穏やかな問題ではないか・・・。
国会でも暗にライブドアいじめの審議がおこなわれておりました。まるでニッポン放送の新株予約権を認めるべきだ的なことを言ってるようにも聞こえましたが、司法の判断にああだこうだと介入するのはどうかと思いますけどね。「総理の意見をどうぞ」と言われても内心「知らんがな!」という感じでしょう。自由な市場で色々と規制されては、何の発展も無いんですけどね。

フジテレビは、ニッポン放送の新株予約権が認められないことは、覚悟してるんですね。あれだけ裁判中だから発言はしないと言っておいて、先を見越してちゃっかり企業防衛してますから、残念!視聴率低下までは見越せませんでしたから斬り!
企業防衛は出来てもテレビ局としての価値は下がりますねえ。
さあ、日枝君は手を打った。ホリエモンよ次の手は?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

ライブドア フジテレビ買収へ [ライブドア対フジテレビ]

ライブドアが、どうやらニッポン放送株取得過半数を超えたみたいです。
ニッポン放送の苦肉の策新株予約権発行も地裁では当然、退けられ高裁に即日抗告しましたが、司法が公正な判断を下す限り高裁でも新株予約権発行は、認められないでしょう。その発行期日が24日に迫ってるのでおそらく高裁での判断が最終判断になりそうです。
このまま行けばライブドアは、筆頭株主として株主名簿に記載され、6月の株主総会で実質経営権を握ることができます。そうなると、ニッポン放送は、フジテレビの株を22.5%持ってるわけで少し買い足せば(すでに何%か買っているが)33%超を取得するのも可能になるわけです。
フジテレビは、その危機感から株主への年間配当を1200円から5000円へ異例の大幅増配を決定しました。そうすることによってフジテレビの株の価格を上げて買収防衛しようとしたのでしょう。事実、市場価格は増配の発表をしてから、高騰してます。まあ、その理由だけで上がってるわけではないでしょうが・・・。
ニッポン放送も「クラウンジュエル」(自社の価値を下げる)で対抗しようと考えてるみたいですが、ライブドアが株主代表訴訟で差し止めする可能性も高く、フジテレビが標的になった今、効果が薄いでしょう。
そして先程、ライブドアがフジテレビ株のTOB(公開買付)を発表したようです。ホリエモンがマジで動き出しました。
日枝会長、どうするのでしょう、ライブドアの業務提携の呼びかけも無視し続けて。「パックマンディフェンス」(逆買収)でも仕掛けますか?ライブドアといえども簡単に買収はできないですからねえ、お金かかりますし。
しかし、正直、この間までライブドア不利だなあと思ってたのですが事態が変わりましたね。ホリエモンは、何が起きても「想定内の範囲です。」としか言わなかったのですが、本当に全部想定してるみたいですね・・。歴史に名を残す経営者になるのか。人心の掌握は下手みたいですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース
ライブドア対フジテレビ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。